尖圭コンジローマは、ヒトパピローマウイルス(HPV)という人間しか感染しないウイルスに感染されることによって、感染した箇所に良性の腫瘍ができる性病です。
HPVが粘膜や細胞を異常に増殖させた結果として、イボのような良性腫瘍ができるようになるのが、尖圭コンジローマの最も特徴的な症状と言えます。
感染してもほとんど自覚症状がなく、特徴的な形の良性腫瘍が性器周辺を中心としてあらわれるようになります。
極稀に痒みや痛みなどを伴うこともありますが、そのような症状が出ないことの方が多いです。

尖圭コンジローマは、HPVに感染することが原因となって発症する性病です。
尖圭コンジローマの原因となるHPVには100種類以上の型がありますが、尖圭コンジローマの原因となるHPVは6型と11型などに感染することが主な原因であると考えられています。
自然に治癒する場合もありますが、HPVの型によっては悪性化する可能性もあるため注意が必要です。
女性の場合、尖圭コンジローマが悪性化すると子宮頸癌、男性の場合は陰茎がんを引き起こす可能性もあります。

感染してから尖圭コンジローマの代表的な症状であるイボができるまでには3週間から8ヶ月程度かかります。
イボができても痒みや痛みなどの症状が出ることは稀なので、感染したことに気づかない人も多い性病です。
男性の場合、性器が確認しやすいことから感染したことを確認しやすいですが、女性の場合、自分の性器を確認しづらいため、イボが非常に大きくなってから気づくことも少なくありません。
人によっては知らないうちにイボの数が増えていき、その面積もどんどん広がっていってしまいます。
尖圭コンジローマは通常の性行為だけではなく、アナルセックスやオーラルセックスによっても感染する可能性があります。
HPVは皮膚な粘膜にできた小さな傷から入り込むことによって感染するため、感染者との接触を断つことが予防となります。

尖圭コンジローマの治療薬の紹介

尖圭コンジローマの治療薬について紹介していきます。
尖圭コンジローマの代表的な治療薬はベルセナクリームとイミキアドクリームです。
第一選択薬はベセルナクリームですが、最近では、そのジェネリック医薬品としてイミキアドクリームが販売されています。
ベセルナクリームのジェネリック医薬品であるため、両医薬品ともに尖圭コンジローマに対して殺菌的に作用します。
どちらのクリームもその主成分としてイミキモドが使用されています。

尖圭コンジローマの代表的な症状であるイボに直接塗布することによって、ウイルスに対する抵抗力を高めて、ウイルスの増殖を抑えます。
そして、ウイルス感染細胞を障害することによって、イボを消失させる効果があります。
ただし、イミキアドクリームやベルセナクリームを塗布したとしても、ウイルスそのものを完全に除去することは非常に困難であるため、長期的に治療を継続することが大切となります。

尖圭コンジローマの治療薬として販売されているベセルナクリームとイミキアドクリームは、イミキモドを主成分としていることから、共通の副作用があります。
その副作用はクリームを塗布することによる皮膚反応です。
皮膚反応として、表皮の剥離・浮腫・痛み・痒みなどの症状があらわれることがあります。
ある意味で、この副作用は薬が効果を示していることの証でもあるため、イボや角化皮膚が消失して治癒している過程でもあります。
稀に排尿時の激しい痛みなどを伴った副作用があらわれることがあるため、その場合には使用を中止し、専門医に相談する必要があります。
尿道口および膣付近に使用する際には、患部にのみ慎重に塗布することが大切です。