性別を問わずに発症してしまう性病も多く、性別によって初期症状も違ってくるので、早い段階で性病を発見するためにも症状の違いを知っておく必要があります。
女性がヘルペスを発症した際には、性器の痒みや不快感だけでなく、尿道周辺に潰瘍ができて排尿時に強い痛みを感じる事も多いです。
男性の場合は排尿時の痛みは少ないために、自覚症状に気付かないまま病状が悪化してしまう事も多いです。
性器の周辺に小さな赤い腫れや水ぶくれができたら、ヘルペスの初期症状かも知れません。
すぐに検査を受けなければ危険だと考えてください。

クラミジアは感染してから1週間から2週間のうちに、男性の場合は尿道の炎症が起きてしまいます。
排尿時に痛みを感じるだけでなく、尿道の一部が痺れるような感覚がある時にもクラミジアに感染している可能性はあるので注意が必要です。
尿道の奥までクラミジアが移動していき、前立腺に炎症を起こしてしまう場合もあります。
女性の場合は尿道ではなく、子宮の入り口の付近にある粘膜にクラミジアが感染する事が多いです。
痛みを感じる神経が少ない部位なので、自覚症状が出ないまま病状が悪化してしまう事もあります。
クラミジアが原因で膣内の抵抗力が落ちて、合併症に悩まされる事になった人も少なくありません。

尖圭コンジローマは感染した部位にイボができて、最初は痛みを感じないのは性別を問わずに同じです。
男性の場合は亀頭の周辺に、女性は陰唇や子宮頚部などにイボが増えてきます。
イボではなく赤いしこりができやすいのが梅毒という病気で、男性と比べると女性は性器内の赤いしこりに気付きにくいです。

HIVは女性と比べると男性の方が感染者数が多く、男女ともインフルエンザに似た異変を感じて、次第に症状が悪化すると免疫力が弱っていきます。
ケジラミ症は男性の場合は尿道に痛みを感じやすくなり、女性はおりものの量がいつもより多くなってしまったり、臭いが悪化している時にもケジラミ症の発症を疑ってください。

他の性病から合併症の可能性もある!

このように性病には原因や増殖部位によって、症状に特徴が見られる分けですが、しばしば合併症を伴うことがあります。
合併症を併発すると、症状が悪化するだけでなく、治癒後に後遺症を残すリスクも懸念されるところです。
クラミジアが子宮頚管を経由して卵管にまで到達し、炎症をきたすことがあります。
卵管に炎症が生じると、治癒後に狭窄が残り、将来的に不妊症の原因になることがあります。
特に強い自覚症状が無い場合でも、不妊症のリスクがあることは注意すべきでしょう。

ヘルペスでは水泡が崩れた部位からの、別の細菌感染を引き起こす可能性があるほか、ヘルペスウイルスが脳脊髄組織に感染が広がることで髄膜炎を合併し、重篤な事態に進展する可能性を持っています。
ケジラミ症では激しいかゆみのおかげで性器周辺に傷をつけることが少なくないため、他の性病に感染しやすく、複合感染のリスクが高まると見られています。
尖圭コンジローマの原因となっているウイルスには多数の種類が確認されていますが、なかには発がん性を持つ種類もあり、特に子宮頸がんのリスクが懸念されているわけです。

特に最近、問題視されているのは梅毒患者がHIVに複合感染する危険性が高いと言う点にあります。
とりわけアメリカでは梅毒患者の60%以上がHIV感染症を合併しているとされているのです。
梅毒がHIV感染症を合併しやすい理由には、双方共に性病であると同時に、梅毒感染そのものがHIVにも離間しやすい危険を高めることも理由とされています。
特に梅毒の初期症状は既述のように赤い発疹が出る程度で症状の消滅を繰り返しながら進行するため、気付かぬうちにHIV感染の危険を高めていることもあり得るのです。

このように性病には様々な合併症のリスクがある訳です。
性器周辺に少しでも普段は見られない違和感を感じたら、速やかに治療を開始する必要があります。