クロトリマゾールはイミダゾール系抗真菌薬でカンジダなどを含む真菌の発育機能を阻止したり、真菌の増殖などを防ぐことが可能です。
クロトリマゾールには膣錠やクリームといった外用薬やトローチタイプの内服薬などさまざまなタイプがあり、発症した部位に合わせて使い分けすることができます。

口腔カンジダ症などの治療に用いられることもあり比較的副作用の少ない薬と言われていて、服用方法をきちんと守ることにより効率的に治療することが可能です。
少し刺激性があるので傷がある部位に使うと強く刺激を感じることがあり、服用方法や使用方法は慎重に行うことが良いでしょう。
人によっては薬を塗った部位がしみたりヒリヒリするなどの軽度の刺激感が現れるケースもあり、発赤やかぶれ・痒みなどを感じる人もいるでしょう。
症状が軽度なら経過観察を行い、もし強い痒みやかぶれがある場合医師に相談すると良いでしましょう。

クロトリマゾールは薬の代謝時において肝臓に負担がかかるので肝機能が低下したり、吐き気や嘔吐、腹痛や食欲不振などの症状が出ることもあります。
トローチタイプの薬の場合、口腔内に痛みやヒリヒリ感があり、口内の乾燥感の症状を伴うこともあるでしょう。
食欲が落ちたり眠りに入りづらくなる人もいるので、何かしら異変を感じたなら早めに医師に相談することをおすすめします。
カンジダの治療に効果のある有効成分を含んだ薬がいろいろな種類でリリースされているので、自分の症状に合ったものを選択することが可能です。

インターネットを利用するといろいろな薬剤サイトを見つけることができるので、クロトリマゾールなどの医薬品を比較的リーズナブルな価格のものを探すことができるでしょう。
副作用などを確認したり適切に服用方法を守ることによって、短期間で症状を治療したり改善することができます。
比較検討するとコストを抑えて注文することができ、プライベート梱包を利用することができるので周囲の人に気付かれません。

ラミシールで治療する方法もあります

ラミシール(テルビナフィン)は水虫やカンジダなどの治療薬として効果があります。
テルビナフィンはアリルアミン系の抗真菌薬で、ラミシールが他の治療薬と違う点には白癬菌自体を消滅することが可能です。
従来の治療薬では菌自体を退治する効果はありませんでしたが、ラミシール(テルビナフィン)の場合は水虫やカンジダなどの病原菌そのものを駆除することができます。
ラミシールは完治する確率が非常に高く、治療期間も短縮させることが可能です。

ラミシールにはいろいろなタイプがあり、スプレーやクリーム、錠剤や軟膏などの種類があります。
アリルアミン系が有効成分のラミシールは陰部に塗っても問題ありません。
特に症状が軽度な場合塗り薬で完治させることができるでしょう。
内服薬である錠剤は医師に処方してもらうことができ、錠剤タイプは症状が重度化してきた時に効果的です。
白癬菌が皮膚の内部に浸食した場合は塗り薬だけで治療することは困難になり、飲み薬を服用すると体の内部から白癬菌などを死滅させることができます。

錠剤タイプは爪水虫にも効果があり、爪水虫は爪の中で菌が広がるので塗り薬では対処することが無理です。
飲み薬の場合体の内部から除菌できるので効果があります。

ラミシールにはいろいろな副作用があり、例えば発疹や下痢、吐き気やじんましんなどがあります。
通常副作用がでる確率はそれほど高くないので、服用方法などを守って使うと問題はないでしょう。
内服薬が外用薬を上手に組み合わせたり適切な使用を行うことによって、スピーディに治療することが可能です。
もしも副作用などの異変を感じた場合、すぐに医師に相談すると適切な対処をしてくれるのであらかじめ確認しておくと良いでしょう。